Please reload

Recent Posts

年頭に置き

January 14, 2016

1/1
Please reload

Featured Posts

自由雲台 SIRUI K-20X

November 2, 2015

 新しく自由雲台を仕入れました。

SIRUIというメーカーの「K-20X」です。

 

「新しくー」と言っても、この製品自体は発売されて数年経っています。

それでも口コミなどで今でもこの名前が挙がるので、今回の購入に至った次第です。

最新の製品ももちろんよい面があるでしょうが、長く愛されている製品もまたよいところがあるかと思いまして(ワタシ新製品にすぐ手を出しません)。。

...あと、まぁぶっちゃけ安いんですよねw。

 

スペックは下記。

http://www.sirui-japan.com/products/cat30/k-20x.html

 

 

 

正直、自由雲台は敬遠してました。

垂直水平がコントロールしにくいからです。

 

私は商品撮影の割合が多いこともあり、専らマンフロットのギア雲台405を使用しています。

安定感、微調整能力、かなり秀逸な雲台です。

 

 

...が、それが撮影に不向きな時もやはりあるわけで。

 

例えば、取材的な撮影や、できるだけ機材を軽くしたい地方出張(=405は重くて大きい、また機能的にそこまで要らない)、あとは人物の撮影(フレキシブルに動かしたい)などでしょうか。

 

そういった撮影の際、これまでは同じくマンフロット社製の3WAY雲台を使用していました。

理由は405と共通のクィックシュー(410PL)を使用したかったからです。

 

...ただやはり3WAYもかさばりますね。

パン棒がピーンと張り出してて。

要は3WAYが「405が不向きな時」を全てクリアした訳ではなかったのです。

 

で、じゃあやっぱり自由雲台になるんじゃないの?という流れで今回のK-20Xの購入に至ったわけです。

少しでもダウンサイジングを図りたいのです。ワタシ非力なので。

 

 

 

 

雲台に関しては上述のように、410PLをベースとした使い方をしてた(=雲台を変えてもクイックプレートは共通)ので、実は人生初めてのアルカスイス互換の雲台です。

ちょっとだけ使ってみましたが、クイックシューの取り付けがまだ素人っぽいです(笑)。

 

 

K-20Xに関しては、サイズ・重量・機能・操作性・安定性など、ひとまず合格!が初感です。

あとは現場でいろいろ出てくるかもしれません。

 

カメラが回らないように、クイックシューにストッパー(赤いの=1枚目の写真)が付いているのもよいですね。

マンフロもこれ取り入れてほしいです。

雲台自体がどんなに優れていても、クイックプレートの取り付けがヤワいと、結局能力が半減されますからね。

 

 

...あと、ちょっと手が機械油臭くなったのは、まぁそんなもんかと言ったところですw。

 

made in chinaから、使える安価な機材がどんどん出てきていますね、別に中国好きではありませんが。

まぁよいものはよい、ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Search By Tags