ツァイス投入

学生時代に最初に購入したのがキャノンのカメラ。

その流れで今もキャノン系の機材を使用しているのですが、

当時、「もっといいカメラはないか」と模索して、ビンボー学生ながらに出会ったのがCONTAXのG1というカメラでした。

使われているレンズはカールツァイス製。その描写の違いに驚かされたことです。

お風呂場を改良して作った暗室で、現像したネガを見てニヤニヤしていたことが思い出されます。

あの頃から結構な年月が経ちましたが、その記憶が忘れ去られてなかったようです。

本日は某ビルの朝景外観を撮るべく、チョー早起きでした。

現場到着がAM5:00くらい、クルマでビル前に乗り付けて撮影(こんな時間ミドリムシ=駐車監視員いないし)、6:00には完了、途中で朝ゴハン食べてAM9:00前には帰宅というスケジュールでした。

・・・一日が長いです。

早起きは三文の得と言いますね。その通りだと思いますが、眠いものは眠いですw。

で、自宅で今日の分も含め、その他レタッチをやってたら、時間指定した宅急便が到着!

先日ポチった、カールツァイスPlanar 1.4/50 ZEです。

キャノンマウントの、MF(マニュアルフォーカス)レンズです。

EOS 6Dにつけてみました。

バランスはいいのですが、レンズが「鉄の塊」なので、ボディがちゃっちく見えます。

このレンズ、ネットなどで調べると、「標準レンズの女王」なんて呼んでるヒトもいます。

今日ちょっと触っただけですが、気持ちは分かる気がしました。

絞り開放から少し絞った辺りまでのフワっと感、周辺が落ちる感じ、なかなか素敵です。

デジカメになってから、会社員時代はデジタルバックも多用していましたが、今は専ら35mmカメラ。

レンズは、作業効率を求めてズームレンズの使用頻度が高くなりました。

仕事としての効率はよいのですが、面白くないというか、物足りないというか・・・。

そこで今回購入に至ったのがPlanarの50mm。

原点回帰と言いますか、写真を「追求」したいと言いますか、まぁそんなワケです。

「足で稼ぐ」写真がやはり楽しいんですかね。

オートフォーカス全盛の時代、目が確かなうちはMFだってヘッチャラです。

フィルムの頃ずっと使ってた大判、中判カメラなんて基本MFでしたからね。

ピピッと合ってパッと撮る、それも素晴らしいんですけど、ワタシはそういう世代じゃなかったということでしょう。。

いずれ作例は挙げて行こうかと考えてますが、

ひとつ心配なのは、

このレンズにハマって、どんどんツァイスが増えていくこと。

うーん、働かねば(笑)。

悩ましいですが、喜ばしいことでもあります。

・・・で、レタッチの続きに戻ります。

#出張カメラマン #機材 #カメラ #レンズ #準備

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。